不動産の事なら土地・建物の購入、売却から賃貸物件探しまで!

富山の不動産の事ならお気軽にご相談下さい。
お客様に満足して頂けるライフプランを一緒にお考え致します。
もちろん“無料”にて不動産のご提案、査定をさせて頂きます。

富山で不動産の事なら「プラザ開発」にお任せ下さい。TEL076-493-3858

不動産の事なら土地・建物の購入、売却から賃貸物件探しまで!

不動産の事ならお気軽にご相談下さい。
お客様に満足して頂けるライフプランを一緒にお考え致します。
もちろん“無料”にて不動産のご提案、査定をさせて頂きます。

不動産の事なら「プラザ開発」にお任せ下さい。TEL076-493-3858

≪小規模宅地特例 2018年度の税制規制改正部分≫居住用宅地の場合

 小規模宅地の特例とは、被相続人の居住用の宅地を一定条件を満たす人

が、相続した場合、330屬泙任良分の評価額を8割減額する制度。例えば

1億円の評価の土地が、2,000万円の評価になるというメリットの大きい制

度です。

 もともと、この特例は、一緒に住んできた被相続人が亡くなって、遺され

た配偶者や同居家族が、相続税を払うためにこれからも住んでいかなければ

いけない自宅を手放す事を避けるために設けられました。

 

 また、転勤などやむを得ない事情から一時的に実家を離れ家を買わずに別

居することになった親族にも認められました。

 

 しかし評価額が80%も減額する魅力ある制度の為、制度を受けようと別居

している親族がさまざまな工夫をして無理やり条件に充てる行為が目立って

きたので今回の改正に至っています。

 

 例えば、親と別居していても持ち家でなければいいので、自宅を親や配偶

者の親の名義にする行為や親に買ってもらう、自分の子供に贈与、自分の経

営する会社の所有にするなどの方法があった様です。

 

【改正点】別居親族に対して

 

 この改正の適用は、2018年4月1日から開始されていますが、経過措置と

して2018年3月31日時点で改正前の要件を満たしている場合は、2020年3

月までに発生した相続については適用が認められます。

 

 

※注:上記内容は参考にご覧下さい。税金等は個人の状況によって違います。

手続きされる場合は、最寄りの税務署または税理士さんへ必ずご相談下さい。

 

 

当社では、(公認)不動産コンサルティングマスターが相続診断も賜ります。

必要に応じて弁護士、司法書士、税理士など専門家をご紹介させていただき

ます。

 

ご相談・お問い合わせはお気軽にご連絡下さい。

 

 

プラザ開発|富山 不動産

プラザ開発|不動産NEWS

不動産の事ならプラザ開発の物件検索でどうぞ!

富山市の不動産の事ならプラザ開発の物件検索サイトで!富山市街区に特化した不動産物件をご紹介致します。

▶ 富山の不動産物件検索はこちら

不動産ならプラザ開発


プラザ開発|不動産
富山市千石町6-2-7 プラザビル1階
TEL 076-493-3858

不動産情報|モバイルサイト

qrcode
プラザ開発ブログ
不動産情報
モバイルサイト

ATOMRSS