不動産の事なら土地・建物の購入、売却から賃貸物件探しまで!

富山の不動産の事ならお気軽にご相談下さい。
お客様に満足して頂けるライフプランを一緒にお考え致します。
もちろん“無料”にて不動産のご提案、査定をさせて頂きます。

富山で不動産の事なら「プラザ開発」にお任せ下さい。TEL076-493-3858

不動産の事なら土地・建物の購入、売却から賃貸物件探しまで!

不動産の事ならお気軽にご相談下さい。
お客様に満足して頂けるライフプランを一緒にお考え致します。
もちろん“無料”にて不動産のご提案、査定をさせて頂きます。

不動産の事なら「プラザ開発」にお任せ下さい。TEL076-493-3858

≪遺産の分割方法 代償分割≫

 【事例 曄“鐐蠡蛙諭癖譟法〜蠡蛙諭閉甲房|法

一人暮らしの母親が遺した財産は、

自宅の(評価)2,000万円と現金1,000円の合計3,000万円

 

 母親と「同居していた長男家族」と、「家を出ている次男家族」でもめずに

相続するにはどのような方法があるのでしょう?

 

 まず問題になるのは、次男には法定相続分として遺産の半分1,500万円を

相続できる権利があります。

 遺産の現金1,000万円は500万円づつ分ける事ができますが、自宅の評価

2,000万円分はどうすればいいでしょうか?

 

 長男が1,000万円を弟へ支払う事ができれば不公平はないと思いますが

現実的に難しい場合

 

 自宅は長男家族の生活拠点であるので売却し、得たお金で次男へ不足分

を支払う事は容易ではありません。

 

 また、長男と次男で自宅を共有名義で相続する方法もありますが、次男は

自宅に居住しないためメリットはありません。

 更に共有名義の場合は、後々の売買の際、共有者全員の同意が必要に

なるので得策とは言えないでしょう。

 

 では、他に考えられる方法は?

 被相続人(母親)が生前に生命保険に加入する方法。 

保険受取人が長男の場合、死亡保険金は母親の財産ではなく長男の財産

になるのでその保険金を原資として次男に現金を渡す事ができます。

(保険金は相続税の課税対象です。)

 

 このように代償分割(代償金を支払う)ことで不公平を解消することができます。

 

 また、死亡保険金は「500万円×法定相続人の数」の金額までは相続税が

課税されません。

 

-----------------------------------------------------------------------------

当社では「不動産コンサルティングマスター」が相続診断を承っております。
また、必要に応じて司法書士、弁護士、税理士など専門家をご紹介させていただきます。
お気軽にお問い合わせ下さい。(秘密厳守)

 

 

プラザ開発|富山 不動産

プラザ開発|不動産NEWS

不動産の事ならプラザ開発の物件検索でどうぞ!

富山市の不動産の事ならプラザ開発の物件検索サイトで!富山市街区に特化した不動産物件をご紹介致します。

▶ 富山の不動産物件検索はこちら

不動産ならプラザ開発


プラザ開発|不動産
富山市千石町6-2-7 プラザビル1階
TEL 076-493-3858

不動産情報|モバイルサイト

qrcode
プラザ開発ブログ
不動産情報
モバイルサイト

ATOMRSS